『公演延期のお知らせ』

残念ながら・・劇団大樹25周年記念公演「半月カフェの出来事」は、新型コロナウィルスの感染拡⼤の状況とお客様の安全を考慮し、延期をする決断を致しました。

 

ギリギリまで公演が出来る可能性を模索し、劇場と共に感染対策にも尽力して参りましたが、日に日に厳しさを増す状況は、僕らの想像を超えて人々の心に作用し・・何の為に演劇をやっているのか、誰の為にやっているのか・・自問自答の日々が続きました。こんな時こそ「演劇」の力が必要だと頑張って参りましたが、力及ばず、本当に悔しいです。

正直、一時は、中止を決断しました・・・

中止だろうが延期だろうが一旦費用の精算が必要です。チケット収入のない精算ほど酷なことはありません。延期となれば、更にまた劇場を押さえる費用、チラシ・チケットの再印刷、稽古場、諸々の費用を再計上しなければなりません・・決行か中止の二択・・これが「劇団大樹」の実状でした。

こういう状況にも関わらず「延期」という前向きな選択が出来たのは、関係者の皆様、そして、ご協賛いただいた皆様の後押しと多大なご厚意があったからです。僕一人の力ではとても出来なかった選択です・・・本当に僕は仲間に恵まれました。

 

とは言え、今はまだひとつの選択をしたに過ぎず、公演を実現させる為の努力と挑戦はここから始まります。まだ目処も何も立っていませんが、僕らは「半月カフェの出来事」を皆様にお届けする為に全力で取り組んで参ります!やったことはありませんがクラウドファンディングも考えています!小さな劇団による小さな公演ですが、再スタートに向けた希望は大きく、むしろ今まで以上に一致団結しています!ちょっとだけ楽しみが延びますが、きっときっと素敵な作品に仕上げますので、その日を楽しみにしていて下さい!

劇団大樹は、1995年、都会で疲れた人たちが大きな樹の下で、安心して心と体を休めひと息つけるような、そんな演劇を作ろうとスタートしました。こんな時だからこそ劇団の原点に立ち返り、この想いを皆様にをお届けしたいと思います。コロナウィルスの終息を願いつつ、劇場で皆様とお会いできる日を楽しみにしています!

引き続き応援を宜しくお願い致します!

劇団大樹 主宰 川野誠一

『半月カフェの出来事を見に行こう』

『劇団大樹の劇場ウィルス対策』

①次亜塩素酸水(HCLO)による空間除菌。
②ゆとりある客席数による空間密度の緩和。
③スタッフのマスク着用。
④入場時の手指消毒の徹底。
⑤ドアノブ、トイレ内の定期的な除菌。
⑥咳エチケットへのご協力。

⑦換気の徹底
⑧キャスト・スタッフの健康管理。

​※ご来場の際、検温と連絡先をヒアリングさせて頂きます。ご理解ご了承をお願い申し上げます。
​お客様への安全安心の為に、最も感染リスクの低い公演を目指ます。

『公演スケジュール』

4月22日(水) 19:00~ 

4月23日(木) 19:00~ 

4月24日(金) 14:00~/19:00~ 

4月25日(土) 14:00~/19:00~ 

4月26日(日) 14:00~ ​​

​<開場は開演の30分前>

『チケット』

​前売:3500円 当日:4000円 

学生:3000円(要学生証)

​日俳連:3000円(要会員証)

​<日時指定・全席自由>

​『前作・森蔭アパートメント 特別上映!』
​4月23日(木)14:00~  料金:1000円
​アフタートーク ゲスト:田中香子
-劇場-
​小劇場 てあとるらぽう
<西武池袋線・東長崎駅 徒歩1分>

〒171-0051 東京都豊島区長崎5-1-32

城北日専連ビルB1F 

03-5906-5588 <事務所> ※10~19時

03-5356-8332 <劇場・公演期間中のみ> 

<半月カフェの出来事>
あれから10年。童話作家の森蔭宏一郎は、作家として売れ始め、住人が少なくなった「森蔭アパートメント」はカフェに改装されました。庭の大きな樹の下には、猫のムッシューのお墓があって。カフェを任されているのは、当時中学生だったこまちゃんです。過去の住人とのエピソードを交え、こまの母、ふみ、人形使いのナイ、出版社のきいこ、そして人形の魂と猫の幽霊・・月明かりは優しく密やかに、それぞれの想いに光を照らすのです。

森蔭アパートメント 2009
​『前作・森蔭アパートメント 特別上映!』
​4月23日(木)14:00~ 料金:1000円 

『- STAFF -』​​

​作:み群杏子​​

​(星みずく)

​演出:斉藤 貴​​

​製作総指揮:川野誠一

​(劇団大樹)

​花美術:横井紅炎

​(草月流華道家)

​照明:篠木一吉​​

​(創光房)​​

制作:間宮知子​​

​(風ノ環~かぜのわ~)​​

​舞台写真:小杉朋子

​音楽・演奏:彩愛玲​​

​(ハープ)

​舞台監督・装置:長門 薫​​

​(EWALLC)

​宣伝美術:近藤知佳

​制作協力:川野まさみ、鈴木さち、畠山真実

協賛:ハーベスト、新宿御苑Rosso、opa hair style、やきとりキング、㈱プロディジ、(一財)一条恵観山荘、㈱ハルタホーム。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now